maboroshispeechのブログ

スピーチ形式のエッセイ

対立の時代

日本が、世界が、対立の時代に突入しました。

 わかりやすく言えば、はげしい「分裂」と「対立」です。

 世界は、共産主義の中国グループと、自由主義の欧米グループに分かれ、競争の段階を過ぎて、対立の時代に入りました。戦争の危険も目前です。

 しかし、アメリカ自身も、自由主義ばかりとはいえません。自由主義共和党に対し、社会主義民主党が勢力を伸ばしています。アメリカでは、低所得層の、黒人と移民の人口比率が増えています。黒人と移民は、生活の向上と人種差別反対、ですから、民主党支持です。

 対立が激しくなっているので、南北戦争が始まるのではないか、という人さえいます。

 日本では、戦後、社会主義共産主義勢力が強く、その代表が、日教組労働組合日本学術会議、メディアです。それに対し、保守の安部首相が立ち上がり、菅首相がその路線をさらに強化しようとしています。

 最近、メディアの偏向がアメリカで話題になっています。

 今、大統領選挙の真っ最中ですが、主要なメディアは、皆、民主党のバイデン候補を支持しており、同候補に有利な記事のみを書き、不利なことは書きません。

 主要なメディアとは、新聞では、ニューヨーク・タイムズワシントン・ポスト、などで、テレビでは、CNNはじめ、ほとんどの局が民主党・バイデン支持です。トランプに好意的なのはFOXぐらいのものです。

 日本のメディアも、産経新聞以外は、ほとんどすべて、反自民党で、社会主義共産主義の色彩が強く、自民党の批判に熱心で、中国共産党社会主義政権の韓国を批判することはありません。

 社会主義共産主義で成功し、豊かになった国は、今だかつてありません。これからもないでしょう。それなのに、世界は、社会主義共産主義の方向に進んでいるように見えます。

 なんとしても、自由主義で、人間の自由と人権を守る必要があります。

 そのためにも、お行儀は悪いですが、トランプが大統領になる必要があります。

天気は午前中

今日は午前中、富士山5合目まで行ってきました。

f:id:maboroshispeech:20201029220533j:plain

4合目 大沢駐車場から見る富士山頂

 10時30分頃に家を出て、山梨県側の「スバル・ライン」を上がり、11時30分頃、5合目に着きました。近くに住んでいると便利です。

 5合目に着いたものの、見るからに、ただの「平凡」な観光地、という感じで、「富士山」という雰囲気はなく、こんなところでもってきたサンドウィッチを食べるのはいやだ、と4合目の大沢駐車場に引き返し、そこで美しい南アルプスを眺めながら、昼食を食べました。

f:id:maboroshispeech:20201029220723j:plain

         4合目 大沢駐車場から眺める南アルプス

そして、12時になると、空は曇り、富士山頂はみえなくなりました。大量の雲です。

 やはり、山の天気は午前中です。午後は、必ず曇ります。

 帰り道、上ってくるクルマとたくさんすれ違いましたが、もう富士山頂は見られないので、かわいそうに思いました。

 5合目に行ったのは、何年ぶりでしょうか。あと何回、元気で来られるかな、と淋しいことを考えてしまいました。

 そんな弱気ではいけない、あと何回でも、晴れた朝、富士に行こうと思います。

頭脳支配

「頭脳支配」という言葉は、今思いついて、初めてつかう言葉です。

いろいろな意味につかうことができる、便利な言葉だと思います。

 アメリカやソ連で多くのユダヤ人が、原子爆弾水素爆弾、そしてロケットやミサイルを研究開発しました。ドイツから逃げてきた、あるいは捕まえられたユダヤ人たちです。

20世紀、ユダヤ人たちは、軍事用だけでなく、平和利用の科学の発展にも大きな貢献をしました。

 言い換えれば、アメリカやソ連により、ユダヤ人科学者の「頭脳」が「支配」されました。

 「頭脳支配」には「思想」の支配も含まれます。

 太平洋戦争以前の、「軍国日本」では、見事な「頭脳支配」が行われました。

「思想支配」として、「神道」以外の宗教は、弾圧されました。

軍国主義以外の思想は、弾圧されました。

外国語を使うことさえ禁止されました。

 戦時中のキリスト教の聖書を見ましたが、讃美歌の歌詞は、神道を称賛するものでした。

軍により、書き換えさせられたのです。抵抗した神父・牧師は投獄されました。

 今、中国共産党のリーダー、習近平は、世界を「毛沢東」思想で支配しようとしています。

現在、世界の悪者、中国共産党が世界に展開する「孔子学院」は、その道具です。

建前は、中国語と中国文化を学ぶ場所ですが、実体は、中国共産党は正しい、と思想教育し、「洗脳」する場所です。

 たとえば、孔子学院は、「法輪功」を禁止します。

 これを最初に見抜いたのが、カナダの大学であり、「孔子学院」を禁止しました。

そして、アメリカ政府は、2020年末までに、アメリカ国内にある全ての孔子学院を閉鎖すると発表しました。

 日本にも多くの孔子学院があり、日本の学者や学生の「洗脳」をしています。

中共は、カネで日本の「頭脳支配」をしています。

 これから、日本でも、「孔子学院」について、議論が起こるでしょう。

オーストラリアは、最近、中共に「頭脳支配」どころか、「国家支配」までされました。

熊に注意

昨日、2020年10月26日、富士五湖の西湖近くにある「野鳥の森公園」に行ったら、「10月20日に熊を目撃したので注意」という立て札がありました。

 今年は、餌のどんぐりが少なく、熊がお腹をすかして、人間のいるところに出没しています。

 あちこちの町に熊が出て、人が襲われ、怪我する事件もおきています。

 先日ある町で、住人が、家の戸を開けたら、目の前に熊がいて、襲われました。

 町に、猪や鹿や猿が出没すると、警官や町の人が総出で「捕り物」をしますが、何時間たっても捕まりません。

 それから、京都の嵐山では、桂川の河原にたくさんの野犬が群れをなしており、人間を威嚇したりしています。餌を与える人もいるようです。

 どうもよく分からないのは、これらの迷惑動物に対する、行政の対応です。人間が迷惑し、危害を加えられているのに、生ぬるい対応しかやっていないように感じます。

 山からきた動物には、警官が「麻酔銃」をポンと撃ち、眠らせて山奥に返す。野犬だったら、麻酔銃で眠っているうちに保健所に保護し、一定期間後に薬殺する。これでどうでしょうか。

 動物は、1度人間に怖い目にあうと、2度と近づかないといいますから、何か怖い目にあわせることも良いのです。

 日光や箱根の猿軍団は、今どうしているのか、最近はニュースでやらないので、わかりませんが、人間に飛びかかり、手から食べ物を奪い取るなど、言語道断です。

 「動物愛護」には賛成ですが、人間に危害を与える場合は、人間を守ることを最優先に、すぐに対策を講じるべきです。この点、これまでの行政の対応には、納得できません。

 せっかく菅内閣が、これまでの悪い前例は改革する、という方針のようですから、小泉環境大臣あたりに、ぜひ、「迷惑動物」に対するルールをつくって欲しいものです。

 鹿や猿や猪が畑を荒らすのは、今やもう当たり前。さらに、ブドウ、梨、米、豚などが畑や畜舎から盗まれるのも珍しくなくなりました。

お人好しでのろまな日本人に、「目を醒ませ」と言いたいです。

アメリカの「闇」

ここ数日、大統領選挙を目前にして、アメリカの「闇」がクロースアップされています。

 日本もそうですが、アメリカには大きな「闇」がいくつもあります。

 最大の闇は、「マフィア」でしょう。マフィアは、「麻薬」や「売春」、「賭博」を中心に、不正なビジネスにより、巨額の資金を稼いでいます。「カジノ」その他のビジネスに深く関わっています。「カネ」と「暴力」により、社会の一部を支配しています。

 「人種差別」を支持する過激派団体の「闇」、それに、反対する団体の「闇」、両方あります。いずれも、過激な暴力団体であり、通常は、社会から隠れています。それらの団体の活動資金は、「誰か」が払っています。だから当然、何かの「ビジネス」か「団体」がスポンサーになっており、マフィアとつながっている場合もあるでしょう。

 それから、「諜報」の「闇」があります。国家によるスパイが活躍する世界です。

 たとえば中国共産党は、今回のアメリカ大統領選挙で、民主党の候補である、バイデンをカネで買収した可能性があり、今、対立候補である共和党のトランプ陣営がその問題で攻撃しています。

 バイデンは2016年まで副大統領でしたが、彼が中国を訪問した直後、中国にいる30人の「アメリカ側スパイ」が一斉に中国共産党中共)に逮捕され、処罰・処刑されるという事件がありました。中共に買収されたバイデンが、アメリカ側スパイの名簿を、中共に渡したのではないか、という疑惑がでています。

 日本でも最近、3人の自衛隊幹部・元幹部が、中共のスパイとして逮捕されました。

 「闇」社会に共通するのは、「カネ」と「暴力」です。それで、人を「脅し」「支配」します。

 アメリカでも日本でも、本気で、「正義」の政治・社会活動をする者は、闇社会により「消される」危険があります。

 ロシア政府は、「邪魔」な、政治家やビジネスマンを「毒殺」や「事故死」で消します。

 1962年、ジョン・F・ケネディ、第35代アメリカ大統領が、テキサス州のダラスで、パレード中に暗殺された事件は有名です。ケネディが邪魔になった「闇」勢力により消されたのです。

2020年10月23〜25日

一昨日、10月23日、京都の友人M君から、自家栽培の美味しい「枝豆」と京都の銘酒が届きました。

 M君は、大学時代に同じ研究会だった仲間です。彼は、5年前に、東京から京都の田舎に引っ越し、再婚の奥さんの実家である「お寺」に住んでいます。

 家庭菜園で、いろいろな野菜を育てながら、執筆活動もしているそうで、理想的な「第3の人生」を送っているようです。

 枝豆はとても我が家2人では食べきれないので、知り合いの7人の人にお裾分けしました。

 今僕は、本を書いており、M君のコネのある大手出版社で出版するのが「夢」です。

 M君には、何をお返ししようか、楽しく考えています。

 ここ山梨県・O村のおそばは、すでにこの夏M君に送ったから、今回は、山梨県産のワインにしようかと思います。

 僕が3年前に見学したワイナリーのものにするか、あるいは、まだ飲んだことはないけれど、皇室ご用達の由緒あるワイナリーのものにするか、少し迷っています。

 今日は、執筆中の原稿の「推敲」と、友人たちと発行する文集の「印刷」を開始します。この文集は120頁で、40冊つくります。

 午後には競馬の「菊花賞」があります。

 「コントレイル」という馬が、今年、「皐月賞」と「ダービー」に勝ち、無敗ですでに2冠、今日の菊花賞に勝てば、父馬「ディープ・インパクト」以来、史上3頭目の「無敗三冠馬」になります。

 アメリカ大統領選挙では、民主党「バイデン」候補の「中国・ウクライナ」マネー・スキャンダル」がついに大新聞で報道されました。オバマ政権で、バイデンが副大統領だったとき、

その地位を利用して、中国とウクライナから不正なカネを得ていたという疑惑です。

 バイデンが大統領候補を辞退するかどうか、という重大な事態になる可能性もでてきました。ハリス副大統領候補もからんでいるようです。アメリカの大きな「闇」の部分です。

ロボットの時代

これから、人工知能をもったロボットの時代になります。

急速に進化しつつある人工知能の情報分析能力は、人間より優れています。

 アメリカには巨大な投資会社がいくつもありますが、株の売買をしているのは、「人工知能」つまり、「ロボット」だそうです。「人工知能」が膨大な、あらゆる情報を分析し、どの株を買い、どの株を売るか判断し、利益をあげているのです。

 将棋の世界で、今や、普通のプロ棋士では、「ロボット棋士」に勝てないようです。ロボットは、何億という指し手を瞬時に検討し、ベストの手を指します。

 回転寿司では、今後、店に入ってから、食べて、会計し、出るまで、人間の従業員に会うことがなくなるでしょう。今でも、店に入ると、ロボットにテーブル番号を案内されます。席につき、メニューの画面を見ながら注文し、帰りにはレジで自動精算です。

 離島のクリニックの先生は、「ロボット」になります。東京のえらい先生が、「リモート」で、ロボットを操り、診察させ、場合により、手術もさせます。

 ロボットには給料が要りませんから、すべてのコストが安くなります。

 今の日本では、人件費が高いために、日本製のものは「高い」ですが、今後、ロボットがつくるようになれば、ずっと安くなるでしょう。

 日本人は、精密な機械をつくることが非常に得意ですから、優秀な人工知能やロボットをつくることができます。すでに、やっています。

 その意味で、これから、日本が大活躍する時代がきます。

 大学の授業も、よくある「無能教師」ではなく、リモートで、予備校の先生のような、超優秀な「ロボット先生」になるでしょう。

農作業も、99パーセントはロボットがするようになります。

せっかくの収穫が泥棒に盗まれないように、24時間監視するのも、ロボットです。

 仕事はロボットにまかせ、人間は、「創造力」という人間らしい能力を発揮する時代が目の前にきています。