maboroshispeechのブログ

スピーチ形式のエッセイ

李登輝

本日、2020年9月19日、台湾の元総統であった李登輝氏の葬儀が、台湾で行われています。日本からは、森喜朗元総理が参列しています。

 

「公」に生き、台湾民主化の父と尊敬を集める李登輝氏は、残念ながら、去る2020年7月30日に97歳で永眠されました。

 

李登輝は、1996年に台湾人として初めて、直接選挙により、台湾の総統となりました。1948年に中国大陸から、共産党に負けて、逃げてきた「中華民国」による台湾支配が終わり、これで台湾は実質的に独立しました。

 

しかし、大陸の中共中華人民共和国)は、台湾は中国の一部であると主張し、台湾独立を認めず、台湾海峡にミサイルを撃ち込みました。これに対し、アメリカ海軍は空母2隻を派遣し、対抗しました。

 

現在も、台湾海峡の緊張状態は続いています。アメリカ海軍と中国海軍が台湾海峡や周辺で軍事演習をしています。

 

人口でいえば、台湾の2千3百万人に対し、中共は14億人です。しかし、李登輝中共の脅迫に屈しませんでした。

 

数々の困難に見舞われながらも、李登輝は巧みに克服し、台湾民主化と実質的な独立という「公」の目的を達成しました。普通の人だったら、恐怖で、夜も眠れなかったと思います。

 

日本、米国を始め、世界から尊敬され、惜しまれながら、永眠しました。

 

幸せだったと思います。

 

そして、戦後の日本に対し、「日本精神」を忘れたのか、しっかりせよ、と叱咤激励しながら、一生を終えました。李登輝は、日本統治時代を尊敬し、終生、自分は「日本人」であると、誇りにしていました。

 

それに比べ、K国のM大統領は、正反対です。あとは、不幸が待っています。これまでのK国の大統領は、いずれも、辞めたあと、投獄か自殺です。私利私欲に走るからです。だから悲劇が待っています。

 

李登輝は偉かったです。決して私利私欲に走りませんでした。だから、転落もありませんでした。

アメリカ大統領

アメリカでは目下、きたる11月に行われる大統領選挙の闘いの最中です。

 共和党候補、現職のトランプ大統領と、民主党候補、バイデンの闘いです。

 トランプは、一言でいうと、商売に強いオッサン、けんかの好きなオッサンです。ウソを平気で言い、ズケズケとものを言い、相手を激しく攻撃し、絶対に自分の非を認めない。

 そのトランプが、いつの間にか、イスラエルとアラブに仲直りをさせました。急にこれがニュースになったので、非常に驚きました。長年、どの大統領も、できなかった偉業です。そして一躍、ノーベル平和賞の候補になりました。

 バイデンという人は、よく知りません。オバマ大統領のときの副大統領であったこと、中国マネーの世話になっていること、くらいしか知りません。

 いずれにせよ、トランプもバイデンも、おカネついついては、ドロドロで、超多額の資金が必要な大統領選挙戦では仕方のないことでしょう。

 最近の世論調査で、トランプは、10パーセント近く、バイデンに負けています。性道徳の欠如、人種差別主義者、男女差別主義者、うそつき、利己主義者、拝金主義者、等々のレッテルを貼られています。

 しかし考えてみると、これは、「アメリカ人」(白人)そのものです。アメリカ人も、本心ではそれを知っています。

 だから、「隠れトランプ」がかなりいるのです。口にはだせないものの、自分たちと同じ「欠点」だらけのトランプに、ケンカが強く、景気を良くしてくれるトランプに、自分たちのために勝って欲しいのです。

 世論調査で聞かれても、体面上「トランプ支持」とは言えない人々です。

 民主党のバイデンは、人種平等、男女平等と公言するので、支持を集めやすいです。しかし、極左の女性を副大統領候補にしているので、危険です。

 民主党の特長は、中国と仲が良いことです。ビジネス社会も、中国で儲けています。

 私としては、トランプが勝って、中国を叩きのめして欲しいです。

夫婦関係

安倍首相が、8年振りに交代しました。

 

安倍さんについては、国民の74パーセントが「良くやった」と評価しています。

 

いろいろ画期的なこともしましたが、「守り」もよく粘ったと感心します。

 

奥さんの昭恵さんとは、家庭内別居しているという週刊誌の報道もありますが、昭恵さんのマイペースな行動で、森友学園は、大変でした。昭恵さんが、森友の経営者の口車に乗って、「応援します」と言い、夫の名前で寄付もした。それを知った役人が、忖度して、無理して国有地を「超」安く払い下げた。

 

そうしたら、森友は、「詐欺」みたいなことだと分かり、安倍さんは総理大臣として、知らぬ存ぜぬを通した。その結果、役人が犠牲になった、ということで間違いないと思います。

 

悪かったのは、軽率で、欺された昭恵夫人です。

 

また、獣医大学の新設については、安倍さんと文部官僚が本気で戦争をしました。戦後これまで、獣医学部の新設を一切認めてこなかった、官僚の前例主義、既得権益主義に安倍さんが挑戦し、勝ったのですが、官僚の抵抗の凄まじさには驚きました。まだくすぶっています。当時の文部科学次官からは、たちの悪い社会主義日教組みたいな匂いがします。

 

僕の父母も仲が良くなかったです。それで、母は、家庭菜園、洋裁、生け花、着物、などの趣味を楽しみに、なんとか生きていたと思います。

 

僕の友人には、少なくとも3人、家庭内別居みたいにしているのがいます。まったく別行動で、お互いに干渉しない、ということのようです。

 

僕は、1度離婚し、今は2回目の結婚生活です。

 

夫婦生活には、数多くのパターンがあり、船越英一郎は、どうかなと思っていたら、松居一代と離婚しました。

 

すべて百パーセントうまく行っている夫婦は、まずないと思います。皆それぞれ考えて、少しでも、今より、自分が幸せになるように努めています。

文在寅が墓を掘り返す

韓国の文在寅大統領の号令で、韓国の英雄たちの墓が掘り返されています。

 

英雄の生涯を、一人一人調べ直し、日本統治時代、少しでも日本と協調した事実があると、「親日分子」というレッテルをはり、墓を掘り起こし、骨を他の場所へ移し替えるのです。

 

いくら社会主義者共産主義者文在寅大統領とはいえ、そこまでやるか、と思います。

 

韓国人というのは、本当に「極端」な国民だと思います。

 

韓国は一応、民主主義、自由主義の国家ということになっていますが、実際は、そうではありません。社会主義共産主義に近い国です。

 

日本統治から、すでに75年がたち、日本は、もはや軍国主義ではなく、自由な民主主義の国家であるにもかかわらず、公式に「反日」で統一しています。「親日」は認めません。

 

たとえば、日本統治時代に、日本に協力した人の土地は、現在の法律により、没収です。

 

日本についてどう思うかと聞かれた韓国人は、「日本は嫌いです」と答えないと、「親日」のレッテルを貼られ、面倒なことになります。

 

わかりやすく言えば、韓国にとり、日本は、「ナチス・ドイツ」と同じです。

 

犯罪国家である日本は永久に許さない、ということです。

 

今の文在寅政権は、反日、反米です。そして、中国と北朝鮮の家来です。

 

もうすぐ、韓国には何か重大なことが起きます。

 

韓国が正式に、中国・北朝鮮につく。そうすると、アメリカから見放されます。そして、社会主義共産主義の国家になります。おカネと財産と自由はすべて北朝鮮に取られます。

 

あるいは、軍によるクーデターが起き、軍事保守政権ができます。あるいは、次の選挙で、保守政党が勝ち、保守政権ができます。そして、文在寅は投獄されるか、自殺します。

 

いずれにしても、「困った」国です。世界は呆れています。

なにをしたいのかわからない

今日、2020年9月16日の、ニッポン放送NEWS ON LINE に、【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第1495回、という記事があります。

 「自分が何をしたいのかわからないと相談されることがありますが、それは私にもわかりません。とにかく、一歩踏み出しましょう。健康な体をもっているなら働くことです。生きているだけで有り難いのですから。」瀬戸内寂聴さんの言葉です。

 

「何をしたいのかわからない」という状態は、僕には非常によくわかります。

 

僕の場合は、50歳で、会社を辞め、77歳で、「何をしたいのか」ようやくわかりました。

 

僕の経験からいうと、「いまにわかる」「このままでは終わらない」「終わりたくない」と思っていれば、いつか必ず、「わかる」瞬間がきます。

 

結論は、それ以外に方法はないと思います。

 

僕の場合、50歳で、出世の望みもなく、もう会社には自分のいる場所はない、窓際族で飼い殺しにされるのは、人生の無駄遣いである、と思い、会社を辞めました。

 

幸い、会社には「早期定年退職制度」というありがたい制度ができて、割り増しの退職金と、60歳から、それまで勤めたと同じ額の年金がもらえる、というので、辞めました。

 

妻には了解を得ていましたが、離婚したいと言い出したので、会社を辞めるのを「OK」したではないか、と聞いたら、「本気とは思わなかった」そうです。それで離婚しました。

 

自分を発見するために、その頃盛んだった「自己啓発セミナー」を受けました。全部で百万円くらいはかかったと思います。そこで、いろいろな経験、勉強をしました。

 

さて、何でもできる、やろう、と思ったのですが、なかなか、自分がやりたいことが見つかりませんでした。保険代理店をしようと、試験を受けましたが、代理店のひとたちが話す雰囲気が嫌になり、やめました。また、ローカル紙を発行しようかと思いましたが、出版は自分の世界ではない、と気がつきました。

 

しかし、自分には何か、人と違う「能力」があるはずだ、「このままでは終わらない」と思い続け、今年77歳になり、ようやく、自分は「書く」人なのだ、とわかり、その日から、毎日楽しく書き続けています。

 

自分は「なにをしたいのか」必ずわかります。

菅総理

安倍政権の官房長官だった、菅義偉さんが、昨日自民党の総裁に選ばれました。

そして明日、2020年9月16日、菅総理が誕生します。

 

ここ数日の菅さんの話しの中で、非常に目立つ言葉があります。

それは、自身が、地方の農家の出身で、裸一貫で政界に飛び込み、

総理総裁にまでなった、ということです。

 

自民党は、幹部を初めとして、二世、三世が多いです。

地盤や看板を引き継ぐというのは、非常に有利です。

しかし、菅さんは、裸一貫、日本の政界でも、やれば出来る、

何でもやれば出来る、ということを盛んに強調しています。

世襲議員に対する痛烈な批判といえます。

 

その叩き上げの菅さんが、世襲議員たちの中で、

これからどれだけやれるか、注目です。

 

今の日本の首相は、その一言一句が、世界に報道されます。

日本は今や、世界のリーダーの一員で、私たちが思っている以上に、

世界から注目されています。

安倍さんのおかげで、そのようになりました。

 

世界から見向きもされなかった、一昔前の日本の首相とは全然違い、

菅首相の国際的な重圧は大変なものだと思います。

 

今、中共中国共産党)が世界制覇を企み、「やり過ぎ」の状態で、

自由主義諸国、つまり、欧米諸国から非難されています。

アメリカは、すでに、中共に対し、厳しい経済制裁を行っており、

議会では、中共を「違法国家」とする法律をつくり、

戦争の準備ができています。

中共が1発撃てば、即戦争です。

 

太平洋戦争の前の日本に対するより、もっと厳しいです。

日本の場合は、アメリカへの移民を禁止され、

アメリカから日本への石油や鉄の供給を止められました。

しかし、議会で「違法国家」というレッテルは貼られなかったと思います。

 

ヨーロッパ諸国も、完全に「反中共」に変わりました。

中共とのビジネスを最優先していたイタリアやドイツさえも、

中共の「人権侵害」を批判しています。

 

中共は、完全に、間違えました。

経済的に世界を支配するだけなら、ヨーロッパ諸国は許容したかも

しれませんが、「人権」侵害は駄目です。

ヨーロッパ諸国は、何より「人権」に敏感です。

先進国だからです。

 

残念ながら、中共は、先進国ではありません。

「人権」が非常に制限されており、共産党のやりたい放題です。

共産党は、気に入らない人間は、すぐに投獄します。

共産党は、憲法よりも上位です。神より上位です。

 

中共は、ヨーロッパ諸国の「人権」も制限しようとしました。

ヨーロッパ諸国が、中共による「ウィグル」や「香港」での人権侵害を

非難すると、中共はこれを「内政干渉」とやり返しました。

自由国家の「言論の自由」を制限しようとしたわけです。

 

人権後進国」である中共が、世界を支配しようとしたので、

それではたまらぬと、ヨーロッパ諸国が立ち上がったのです。

 

チェコ上院議長が台湾を訪問しようとすると、中共から「行くな」と

「脅迫」され、それが原因で急死されました。

チェコが怒るのも無理はありません。

そして、新たな上院議長が「台湾」を訪問し、中共と決別しました。

 

中共は、間違えました。

今や、世界を敵に回してしまいました。

 

その中で、日本は、中共包囲網の重要なメンバーです。

今の習近平体制が崩壊するまで、日本をどのように舵取りするか、

コロナをいかに収め、経済を再生させるか、菅さんの力が試されます。

 

駄目なら、来年9月に、任期切れ交代です。

菅内閣外務大臣は、重要です。

河野太郎さんが適任と思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナオミ優勝

大坂ナオミ選手が全米オープン・テニスに優勝しました!

第1セットを1−6で失います。

 

第2セットが始まる前、ナオミはベンチで、タオルを頭から

かぶっていました。

 

何をしているのか。

技術的なことか。

それなら、タオルを頭からかぶる必要はありません。

 

タオルをかぶるといことは、精神を集中して、

明らかに何か、メンタルをしていたに違いありません。

 

僕の分析です。

ナオミは、1−6で失った第1セットを振り返ります。

何故、自分(世界ランク9位)よりランクが下のアザレンカ(27位)に

簡単に負けたのか。

技術的には、自分が上だ。

 

では何故か。

 

ナオミは自分が、「優勝」という「私欲」にとりつかれたことに気がつきます。

自分は、何のためにこの大会に出ているのか。

 

自分は、7つのキャップに、7人の亡き黒人の名前を書き、

その名前を世界に示すために、ここまで勝ち上がってきた。

 

自分は、自分個人の利益のために闘ってきたのではない。

「人種差別」に抵抗するために、「黒人」のために闘ってきたのではないか。

 

これに気づいたナオミは、第2セットにのぞみ、6−3で取ります。

第3セットも、6−3で取り、優勝です。

 

試合後、マイクをもったアナウンサーから、7枚のマスクをかけて

優勝した感想を聞かれたナオミは、質問を返すようで悪いけれど、

私がそのようにして勝ったことについて、あなたはどう思いますか、

と返した。

 

そして、世界の人が私を見て、どう思うか、

話し合うきっかけになれば良いと思います、

と言いました。

 

ナオミは、7人の名前を世界に示すことができて、

幸せだったと思います。

 

テレビでは、解説者が、ナオミは精神的に成長した、

と言っていましたが、その通りです。

その精神的成長の中身は何か。

これまでのナオミとどこが違っていたのか、

については、誰も言及しませんでした。

 

しかし、そこがポイントなのです。

 

今回ナオミには、人種差別に抗議するという

「公」の目的がありました。

それで強かったのです。

「公」の目的により、強い力がナオミの背中を押したのです。

 

テニスでは、メンタルがすごくものをいいます。

私も、経験がありますが、「勝利」の2文字がちらついた瞬間から、

プレーがおかしくなり、負けてしまったゲームがたくさんあります。

 

トップ・プレーヤーでも、メンタルは大切です。

 

どの世界でも、長くトップをつとめる人には、

何かの「公的」な目的や夢があるに違いないと思います。

 

多くの人は、トップになり、夢がかなうと、

次の夢をみつけることができずに、

「カネ」で幸せを買おうとし、

転落していきます。

 

アルコール、クスリと、転落コースは決まっています。

 

ナオミも、「公的」な夢を失うと、

トップに長くとどまることはできないでしょう。

 

22歳のナオミは、今回、以前と違う顔をしていました。

 

ナオミが常に「公的」な夢をもち、

長くトップでプレーすることを祈ります。