maboroshispeechのブログ

スピーチ形式のエッセイ

宗教とコロナ

「ワクチンは打たない」という宗教があるそうですね。

 

インドの主たる宗教は、言うまでもなく、ヒンズー教です。

 

ヒンズー教でワクチンを禁止しているかどうかは知りませんが、現在のコロナ感染爆発の大きな原因がヒンズー教の行事でしょう。

 

先頃、何十万人という人が、マスクもせずに、ヒンズー教の儀式というか、お祭りに参加したんですよね。

 

その結果として、コロナ感染が大爆発してしまった。

 

インドでは現在、1日に40万人が感染し、3千人が死んでいるそうです。

火葬にする薪が足りないそうです。

 

ちなみに、日本では、1日に4千人が感染し、百人が死亡していますね。

 

インド政府としては、ヒンズー教のお祭りを禁止することはできなかったのでしょう。

そんなことをすれば、暴動が起きたでしょう。

 

それから、キリスト教でも、ワクチンは打たないという宗派があるようです。

困ったものです。

 

アメリカの場合、国民の4割がワクチンは打たない、と言っているそうです。

 

打とうが打つまいが、個人の自由である、という訳です。

州によっては、マスクなどの感染予防対策をまったくしていないところもあるそうです。

 

困ったものですね。先進国がそういうことをしていると、世界からなかなかコロナが消えないでしょう。

 

ところで僕は、明日、5月6日にワクチンの予約開始です。

 

電話やインターネットがつながらないらしいですが、ともかく、朝9時から電話をかけるしかありませんね。インターネットは10時からです。

 

ネットにも、コロナ対策で、「日本は後進国である」ことが良くわかった、という声がありますが、僕も全く同感です。

 

70年前の、太平洋戦争の時と同じ構図で、政府な無能、国民は優秀で従順、そして犠牲者となる。

 

無能な政府は、聡明な国民の反対にもかかわらず、オリンピックを強行しようとしていますが、できるわけがないと、アメリカやイギリスの新聞も報じています。

 

日本を始め、世界中でコロナ感染が広まっている中で、外国選手団が日本に来るのは、非常に危険です。

 

選手団が日本で感染する危険が大きく、また、日本人が外国人選手団から感染する危険も大きいです。

 

オリンピックはやめましょう。