maboroshispeechのブログ

スピーチ形式のエッセイ

韓国大統領の悲劇

韓国歴代の大統領は、退任後、投獄されたり、自殺したりするものが多いです。

 韓国には、「怨恨」という伝統があります。永久に恨み、報復します。

 「左」の大統領が政権をとると、以前の「右」の大統領を捕まえ、有罪にし、投獄するというのが常です。「右」の大統領が政権をとると、その反対をします。

 罪状は大体、収賄などのおカネにまつわる「不正」が多いです。

 理由は、2つあります。1つは韓国の大統領が、強大な権力をもっていること、もう1つは、一族郎党が大統領にカネを「たかる」という社会構造です。

 ですから大統領になると、巨額の私的な資金が必要になり、そのため、権力を乱用して、収賄などで、「カネ」をかき集めるのです。

 以下、過去の大統領を何人かリストアップします。

 

朴正熙 軍人  1962-1979  右(保守) 暗殺

全斗煥 軍人  1980-1988  右     無期懲役→恩赦

盧泰愚 軍人  1988-1993  右     懲役

金泳三     1993-1998  右     懲役

金大中     1998-2003  左(革新) 議員時代、日本で拉致

盧武鉉     2003-2008  左     自殺

李明博     2008-2015  右     懲役

朴槿恵      2013-2016  右     懲役  

文在寅     2017-     左      ?

 

要するに、大統領になったら、恨みのある、自分の前任者、あるいはその前の大統領の不正を捜査し、捕まえ、有罪にし、投獄する、のが最大の仕事です。

 現在の文在寅大統領はどうでしょうか。やったことといえば、反日で日本にあらゆる嫌がらせをすること、そして、前任と元の大統領を有罪にし、投獄したことぐらいのものです。

 経済は最悪、外交では世界から見放され、軍事ではアメリカと北朝鮮から「無視」されています。

日本からはもう相手にされません。

文在寅は、退任後、スキャンダルが表面化し、悲劇に襲われるでしょう。