maboroshispeechのブログ

スピーチ形式のエッセイ

近場に移住

テレビのワイドショーで、最近、100km圏内の「近場の田舎」に移住する人が増えている、と放送しています。

東京から1ヶ月に4千5百人が流出している。東京の人口が減っている!

 やはり、千葉、神奈川、埼玉が人気です。

 リモート・ワークが増え、東京の勤務先には週に1〜2回行けばよく、それなら、家賃が安く、環境の良い「近場の田舎」に住むほうが良い、という人が増えているわけです。

 都内では、窓を開けたらとなりの家の洗濯物が目の前、音楽はヘッドホンをつけ、子育てが大変、それに対し、地方はすべて「逆」です。

 大学もリモート授業が中心なので、建築学科の学生は、埼玉県・小川町に移住、町の応援で、空き家に無料で住んでいます。さすが建築学科の学生です、今友人と、この家を「改修中」だそうです。

 千葉県の木更津(君津)に移住した3人家族は、東京の杉並区から引っ越しました。ご主人はリモート・ワーク、週に2回、始発電車に座って東京に通勤です。特急で1時間、高速バスで、都心、羽田、に行けます。

 栃木県の那須も人気で、私の知人は10年も前に那須に移住、新幹線で通勤しています。

 私も6年前から、山中湖近くのO村に住んでいますが、大変気に入っています。

東京から90km、クルマや高速バスで90分です。

 一番感じるのは、広々した大自然の中に住み、目の前は富士山、どこに行っても、広い駐車場が無料です。有料駐車場というのはありません。

 生活水準は首都圏と変わりません。ないのは、デパート、ブランド店、東京ドーム、映画館、「歌舞伎町」くらいのものです。首都圏と同じ、あらゆる店があります。水道は、富士山の「名水」です。

 通勤・通学もクルマで10〜30分です。

 世界有数の産業ロボット・メーカーの本社・工場が、森の中にあります。

最近、うちの村は、建築ブームです。移住者が増えているのでしょう。

電子辞書

最近、テレビで「関係性」ということばがよく使われます。

テレビが街の人々にインタビューすると、「関係性」という人が多いです。

 しかし「関係性」は僕には、聞き慣れないことばです。違和感を感じます。

 電子辞書にある「広辞苑」でみると、「関係性」ということばはありません。

 「関係」が正しいです。僕が違和感を感じたのは、正しかったです。

 一方、「具体性」ということばはあります。広辞苑にもちゃんとあります。

 意味は、「具体的であること」です。

 「・・・性」というのは、「・・・であること」という意味ですね。 

「凶暴性」は「狂暴であること」です。 

「関係」は、「かかわり」という意味です。 

だから、AとBの「かかわり」は、「関係」が正しく、「関係性」は間違いです。 

「電子辞書」は、最近「俳句の会」が始まったので、買いました。 

俳句の「季語」をおさめた歳時記をはじめ、広辞苑、国語、漢和、古語、類語、英語、百科、カタカナ語、四字熟語、ことわざ、などの辞書が入っており、文章を書く、読む、作句に欠かせません。

読み方のわからない漢字は、手書きで入力できるのと、活字が大きいので助かります。 

それにしても、世の中、最近は細かい字が多いですね。

チラシなど、デザイナーは、とくに細かい字を好んで使うようです。そのほうが、「格好」が良いからでしょうが、こちらは大迷惑です。読めません。

 先日、ある音楽関係の人から名刺をもらいましたが、氏名以外は、虫眼鏡で見ました。

自由

今、「自由」が世界のキーワードになっています。

 今朝、2020年10月20日、テレビ朝日のモーニング・ショウを見ていたら、

中共はすでに、沖縄県の「尖閣諸島」を占領するシナリオをつくったそうです。

4日間で占領できる、とのことです。これは、アメリカにいる中国人の専門家の話です。

 また中国でも、すでにそのような記事が発表されているそうです。

 「尖閣」や「台湾」の「占領」が先か、それとも習近平の「失脚」か、どちらが先か、という状況です。

 それにしても、日本の「平和憲法」には困ったものです。無防備です。

 尖閣諸島に、ある日、中共軍が上陸したら、それで終わりです。早い者勝ちです。

日本も、アメリカも、無人島1つのために中共と全面戦争までするつもりはないでしょう。

 泣きを見るのは、またもや沖縄県民です。

 尖閣諸島周辺の、絶好の漁場は中共に占領され、沖縄の漁船は漁をすることができません。

 「カネ」儲けのために中国を利用した世界の諸国は、今やアメリカさえも、「チャイナ・マネー」により、中共支配下に入りつつあります。アメリカの経済は、もう中国なしにはやっていけないところまできました。

 「ウォール・マート」という、全米でも屈指のスーパー・マーケット販売している商品の8〜9割は、中国製ともいわれています。

 しかも、アメリカの穀物の最大の輸出先は中国です。日本の最大の輸出先も、中国です。

 しかし、アメリカは、「カネ」よりも「自由」のほうが大切であると、立ち上がりました。

 ヨーロッパ諸国も、オーストラリアも、日本も、インドも、「中国」ではなく、「アメリカ」を選びました。これには相当の覚悟が必要です。中国から報復があるでしょう。

「チャイナ・マネー」に支配されるということは、中国共産党に支配されるということです。中国のあらゆる企業は、中共に支配されているからです。

中共に支配されるということは、「自由」を失うことです。「宗教」「政治」「言論」「思想」「行動」すべての自由を失います。

市民1人ひとりが、中共の監視カメラで、24時間、どこにいても、監視されます。

中共を批判すれば、30分以内に、警察に連れていかれるそうです。

 「自由」は何より大切な、人間の「宝」です。「心」が第1に大切で、「カネ」はその次です。

切り離せません

今、「日本学術会議」が話題になっていますが、

 政治と学問は、切り離せません。

 太平洋戦争の最中、アメリカの科学者たちは、国のために「原爆」をつくりました。

研究の資金や施設は、国が提供しました。

 その原爆は、アメリカ政府の「政治」的理由により、広島と長崎に落とされました。

 このように、科学は政治だけでなく、「軍事」とも切り離せません。

 日本学術会議は、軍事用の研究を禁止しているそうですが、意味がありません。

 たとえば、「電池」の研究をすると、その電池は懐中電灯に使われますが、その懐中電灯は、軍事用にも使われます。

 政治とスポーツも切り離せません。

 1980年のモスクワ・オリンピックをアメリカ、日本、西独、中共、韓国、サウジアラビアなどは、ボイコットしました。

 理由は、前年の1979年に、ソ連アフガニスタンに侵攻しという「政治的」なものです。

 それからもう1つ、科学もスポーツも「カネ」と切り離せません。

 どちらも「資金」が要るので、スポンサーがつきます。

 スポンサーのために、研究する、プレイする、良い成績をあげる、ということになります。

 たとえば、オリンピックのマラソン競技は、暑い日中を避け、涼しい夜に行えば良いと思いますが、スポンサーであるアメリカのテレビ局の放映時間の都合で、それができません。

 科学とスポーツは、政治、カネ、と切り離せません。

無理するな

無理すると、ろくなことないですね。

 無理すると、体調を崩し、下手すると病気になります。睡眠不足が続いたり、偏った食生活を続けると、「生活習慣病」になります。「癌」にもなりやすいです。

 クルマで、無理な運転をすると、事故を起こします。

 人間関係で無理すると、敵ができます。

 マラソンで無理すると、途中棄権になります。

 悪天候のとき、無理に登山すると、遭難します。

 コロナ時代に無理すると、感染します。

 日本は無理に満州や中国を取ろうとしたので、太平洋戦争になり、日本が負け、300万人もの国民が死にました。

 韓国という国は、無理します。とくに、日本をライバル視して、無理します。人口は、日本の3分の1で、小さな国ですから、そんなに無理しなくて良いのに、経済も軍事も、スポーツも、すべて日本より「下」ではいけないのです。

 例えば、「世界一」のスマホをつくり、自慢していますが、スマホの基本特許はアメリカ、生産機械は日本製、部品も材料も日本製です。韓国は、組み立てているだけです。

 韓国は今、アメリカとの軍事同盟をやめ、無理して、「中立」になろうとしています。しかし、その「実力」はありません。アメリカと離れた途端に、北朝鮮に占領され、自由とカネとすべてを失い、悲惨な共産国になります。北朝鮮と同じになります。

 中共習近平主席も、無理に無理をしています。アメリカに勝って、世界を支配しようとしています。しかし、その実力はありません。かえって、今、世界を敵に回してしまいました。

しかも、習近平は中国国内にたくさんの政敵をつくったので、明日「失脚」してもおかしくありません。

 なにごとも無理してはいけません。無理せず、コロナに感染しないようにしましょう。

韓国への手紙

韓国さん、また貴国は失敗するのですね。何回失敗したら気が済むのですか。

 かつて、日本の福沢諭吉が、貴国に見切りをつけた気持ちがよくわかります。

 貴国の「文在寅」大統領は、「自由」を捨て、北朝鮮に「身売り」しようとしています。

 1950年に、中国・北朝鮮の軍隊が、急に貴国(韓国)に攻め込み、弱い貴国が負ける寸前に、これを見かねたアメリカと国連軍が参戦し、「14万人」の若者の命を犠牲にして、「貴国」と「自由」を、守ったのを忘れたのですか。

 それを忘れ、貴国の「文在寅」という狂人は、敵国北朝鮮に貴国を売ろうとしているのです。

 北朝鮮は、貴国の敵であり、貴国と戦争中なのですよ。今は、休戦しているだけです。

 北朝鮮は先日、貴国が北朝鮮に宣伝用の風船を飛ばしたのが気に入らないという理由で、貴国が60億円をかけて北朝鮮に建設した「南北連絡事務所」を跡形も無く「爆破」したのですよ。2〜3週間前には、貴国の男性が海で漂流しているのを見つけた、北朝鮮の船は、6時間も海上で尋問し、その上射殺し、さらに油をかけて海上で遺体を燃やしたのですよ。

 狂人「文在寅」大統領は、そういう北朝鮮に貴国を売ろうとしているのです。

 

貴国は今、多数の命を犠牲にして、貴国と自由を守ってくれたアメリカを裏切り、「米韓軍事同盟」を破棄し、北朝鮮中共支配下に入ろうとしています。北朝鮮中共はグルです。

 中国は貴国の経済にとり、最大のお客だから、アメリカや日本と「さよなら」して、中共支配下に入ろうとしていますね。歴史上、長い間、貴国は中国の「子分」でした。だから、今でもその根性が抜けないのです。中国についたり、日本やアメリカについたり、です。

 北朝鮮に身売りすると、大変なことになりますよ。身売りしたと同時に、狂人の文在寅は、処刑されるとか、消されます。「自由」と「カネ」は北朝鮮に奪われます。北朝鮮中共の悪口をいえば、すぐ拘束、拷問、処刑です。

 貴国民を待っているのは、恐怖、貧困、飢餓、人権蹂躙、拷問、処刑です。

 わからないのですか。貴国は今、自由世界の「困り者」です。

世界激動

日本も世界も激動しています。下手をすると、戦争が起きるかもしれません。

 日本につていえば、2つの大きなことが起きています。

 1つは、太平洋戦争直後から続いてきた、「左」の世の中を、菅政権が「中」に戻そうと、本格的に動き始めたことです。本気のようです。

 2つ目は、「時代遅れ」の日本を、「先進国並み」にしようと、菅政権が動き始めたことです。

 太平洋戦争が終わると同時に、アメリカ軍が日本を占領し、それまでの「軍国主義」すなわち「極右」の日本社会を、社会主義的な「極左」にしました。財閥は解体し、政治家を追放しました。

 学校の先生は、「日教組」という労働組合に加入させられ、先生は生徒に、日本がいかに「悪い国」であるかを教え、授業を休んで「デモ」に参加しました。学校の入学式で、国家を歌わない、ということにもなりました。

 今話題の、「日本学術会議」も、共産党反日活動拠点になっている、という人もいるぐらい、国家の税金で活動する、「反政府」団体になっているようです。

 今の日本は、まともな独立国とはいえない状態になっているので、これを直して、まともな国にしようというわけです。

 一方、先日、コロナ禍で被害・損害を受けた、個人や商店を応援するため、国が「給付金」を配りましたが、オンラインによる申請に役所が対応できず、結局「紙」で申請してくれという自治体が続出し、申請から給付まで、1ヶ月もかかった例もでました。

 ドイツでは、スマホで申請し、翌日、給付金が振り込まれたそうです。これを反省し、日本も急いで「デジタル」化しなければいけない、ということになり、デジタル庁、大臣が誕生しました。

 一方最近、中共の艦船が、5日間も日本の領土である沖縄の「尖閣諸島」付近の領海に侵入しました。日本の漁船を威嚇したようです。

 これに対し、日本政府は、尖閣諸島の「生態調査」をする、という名目で、自国の領土であることを世界にアピールすることに決めました。当然中共は反発し、日中で戦闘になるかもしれません。海上自衛隊の出番です。われわれ国民も、覚悟する必要があります。